家のローン決済までの道

住宅ローン選びましょう

家を購入するのに必要となるのが住宅ローンの借り入れです。家を買うというのは一生に一度ある大きな買い物と考えていいでしょう。
そんな家を購入してローンの決済までもっといくには最長で35年という長い期間が必要となります。そのため借り入れをおこなったことで支払う金利の金額も大きなものになります。
初めて住宅ローンを利用する場合に注意したいのはこれからいったいいくらの金額を返済に充てなくてはいけなくなるのか、ということです。

その金額を知るためにも住宅ローンの借り入れ方法と、借りる場合のサービスの種類について知っておくことで、どの金融機関で借り入れをおこなったらいいのか、その参考にすることが出来るのです。


始めに、住宅ローンを借りる場合の金利の種類についてご説明します。
住宅ローンには決済までの期間で金利が発生しており、その支払いをおこなう金利のサービスにも2つの種類が存在します。

ひとつは固定期間選択型で、借り入れ時の金利が返済までの期間で固定されたもので、元となる金利が高めに設定されている特徴があります。

そしてもうひとつが、変動型と呼ばれる金利で、金利が年一回見直しがされ金利の額が変動します。今現在では1%前後と低い金利であったとしても、最高1.25倍まで引き上げられる場合もあり、5年後、10年後の金利がどうなるかはわかりません。

金利からでも住宅ローンの選び方が複数あります。まずは自分が決済することが出来るサービスを選ぶことを心がけるようにしましょう。


おすすめリンク


FXトレーディングが激アツ!!
FXトレーダーにとって大変重要なことをまとめたサイトです。またFXトレードの基礎知識について解説をしたサイトです。

株式投資の初心者を支援するWebサイト
株式投資の初心者を支援することが目的のレファレンスサイトです。株式投資初心者の人は参考にしてみてください。

FX取引で年収レベルアップ!?
FX取引で年収をアップさせるコツが紹介されています。気になる人は覗いてみてください。




コンテンツ


(C) 家のローンを決済するまでの道のり